作品案内

評論『「ベ平連」・回顧録でない回顧』

画像はオンデマンド(本)版の表紙です

古代アテナイ文学と思想を学んだ作家が現代の日本のデモクラシーに挑んだ。激化するベトナム戦争に反対し、当面する社会問題を自分に引きつけて考え行動する「個人原理」の追求と考察は、近代国家成立以来、日本が抱えた歴史的課題であった。多様性の中の「個」が無数に横へ広がり繋がる『「われ=われ」のデモ行進』は、それに対する哲学的・思想的答えの一つであった。全国津々浦々に広まった「べ平連」とは何か? この運動の代表者自らが省察した真摯で率直な言説は重くて眩しい。

オンデマンド(本)版

小田実全集 評論

『「ベ平連」・回顧録でない回顧』
(上、下)

2012年9月刊行

(上)3,500(下)3,800円(税別)

ご購入サイトは→

復刊ドットコム

※上記販売サイトにて、ご購入いただけます。

※立ち読みをご覧いただくには、下のアイコンよりAdobe Readerをダウンロード、インストールしてください。

電子書籍版

電子書籍

ご購入サイトは→

講談社BOOK倶楽部

小田実全集 評論

『「ベ平連」・回顧録でない回顧』

2012年9月刊行